レンタルサーバー

レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーの基本・知識・情報・お勧め

HOME | レンタルサーバーの種類
レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーの基本・知識・情報・お勧め

<レンタルサーバーの種類>

レンタルサーバーには、ごく一般的な共用サーバーから高度なレベルのものや用途を限定したものなど様々。

[共用サーバーとは]
共用サーバーとは、レンタルサーバーの種類の一つで、1台のサーバーを複数のユーザーで共有して使うサービスです。自由度や拡張性に制限を受けますがコストは安く、もっとも一般的なレンタルサーバーのタイプです。
サーバーの設定・運用はレンタルサーバー業者が行ってくれますので、サーバーに詳しくなくともホームページを容易に公開可能です。サーバー料金は共有するユーザー全員で負担するため比較的安価となります。複数のユーザーで共有するため一定の制限があり、個別ユーザーの都合でサーバー設定を変更できないため自由度は高くありません。
家に例えれば、共有部分の利用に一定の制限があるシェアハウスのようなものです。

[専用サーバーとは]
専用サーバーとは、レンタルサーバーの種類の一つで、特定のユーザーが1台のサーバーを専有して利用できるサービスです。自由度や拡張性にあまり制限を受けないもののコストは高く、運用には専門知識が必須となります。
専用サーバーは、一般的な共用サーバーよりはスペックが高く、契約者の好きなように設定ができるため自由度が高いことが特徴です。ただし、サーバー設定・運用は契約者が行う必要があり、専門的な知識が求められます。それでも、自身でサーバーを導入することの維持・管理の面倒さやスペースを用意する大変さを考えれば、レンタルサーバーには大きいメリットがあります。
家に例えれば、賃貸の一戸建てのようなものです。

[VPSサーバーとは]
VPSサーバーとは、レンタルサーバーの種類の一つで仮想専用サーバーとも呼ばれます。1台のサーバーを共用し仮想的に自分だけの専用領域を確保し、低コストながら専用サーバー並みの自由度が得られます。共用サーバーと専用サーバーの特徴が合わさったようなサービスです。
1台のサーバーを複数人で共有する点は共用サーバーとかわりませんが、1台のサーバーの中で契約者ごとに領域を区切りあたかも1つのサーバーのように設定されています。自由度は専用サーバーとほぼ変わらず、共用サーバーよりもスペックが高いことも特徴です。専用サーバーのようにサーバー設定・運用を契約者自身で行う必要があります。
家に例えると、賃貸マンションのようなものです。

[クラウドサーバーとは]
クラウドサーバーとは、レンタルサーバーの種類の一つで、共用サーバー、専用サーバー、VPSサーバーと比べると最も新しいタイプのサービスです。
1台のコンピューターを複数人で共有することはVPSと変わりませんが、必要に応じて柔軟に利用するスペックを追加したり減らしたりできるため、VPSより高機能なサーバーです。
家に例えると、賃貸住宅のようなものです。

[Word Press専用サーバーとは]
ブログ専用のサーバーで、多くのブロガーに利用されています。
レンタルサーバーにWordPressをセットするには自身でプラグインする必要がありますが、Word Press専用サーバーではWordPressがあらかじめインスツールされており、設定不要で誰でも簡単に WordPress サイトを始められます。既存の汎用ブログに比べ、容量、HTML、広告等で制約を受けないのが特長です。