お客様の声 of 松下通信物語「未来つくりの半世紀」:パナソニック再生の原点、システム事業のルーツ

松下通信物語「未来つくりの半世紀」:Panasonic(パナソニック)再生の原点、システム事業のルーツ、松下通信工業株式会社の足跡・歴史

meibotanトップ.gifmeibotan1958.gifmeibotan2003.gifmeibotan業績推移.gifmeibotan従業員数.gifmeibotan綱領.gifmeibotan社歌.gif

HOME > お客様の声

次ページ:運営者情報LinkIcon

お客様の声

「松下通信物語」拝見致しました!
-2018/2/10 山口県宇部市 蕨 浩一様-

突然のメールで大変失礼致します。

蕨 浩一という者です。現在38歳の社会人で、介護福祉士として近隣の介護施設に勤務しております。また、原田様が運営しておられますHP「松下通信物語」の閲覧者の一人です。

私自身「松下通信(もっと言えば松下電器)」の大ファンで、松下という響きに懐かしさを覚えます。気がつけば我が家にはテレビやビデオなど松下製品にあふれ、学校に行けばラムサのスピーカー、ナショナルのワイヤレスマイクなど、松下通信製品があふれており、私にとっては天国のような世界でした。

近所のスーパーやショッピングセンターでは、ラムサのスピーカーが今も大活躍中です。もちろん、スピーカーの後ろのステッカーには「松下通信工業」の文字が、きちんと残っています。社会人になった現在でも、それを見つける度に胸がときめいてしまいます。

何を隠そう私は高校~大学時代に、松下通信の宣伝部へ頻繁に電話してカタログ請求しておりました。その頃はインターネットが普及し始めたばかりの頃で、現在主流であるPDFファイルが無い時代でした。主に請求していたのは、AVシステムとラムサの総合カタログでした。突然の依頼にもかかわらず、しかも見ず知らずの私に宣伝部の方々がとても親切に対応してくださったのを今でもよく覚えております。

今でも我が家の書庫には、その時請求したカタログの一部が封筒と共に大切にして保管しております。もうこれは永久保存版です。

ある時、松下通信について調べたくなり、ネット検索したらこのHPに当たりました。某ペディアよりも遥かに詳しく、時間を忘れるぐらい閲覧に夢中になってしまいました。特に写真付きなので、その時代その時代の息吹がとてもよく伝わってきます。

このHPには松下通信の歴史と、そこで働いてきた人すべての誇りが詰まっています。しかも、現在でも時々修正されていてその誠実さにとても感激いたしました。

その時々で大変な時があったにせよ、勤務している一人一人が幸せな会社人生を歩んで来られたのだと推察します。(母にこのHPの話をしたら「幸せな会社」だと申しておりました。)

私が言うまでもなく、松下通信は解散・事業再編し更にはパナソニックに社名が変わってしまいました。大競争時代の昨今、懐かしいだけではこの状況を乗り切れないのは十分承知しております。

しかし、松下通信の歴史とその仕事を書き残すということは、大変に意義があることだと強く思います。解散するまでにいろんな仕事をしてきたということが、本当によく分かりました。時間がかかってでも、HPを完成させていただきたく存じます。遠方ではありますが、応援しております。このクオリティでHPに載せるだけでは非常にもったいないです。もし出来ることであれば、書籍にして残してもらいたいと願っております。

よくよく考えますと、今年は松下通信創立から60年、解散してから15年が経ちます。そう思って筆をとった次第です。長文になってしまい大変申し訳ございませんでした。多忙にもかかわらず拝読に感謝申し上げます。ありがとうございました

山口県宇部市 蕨 浩一

 ※ご本人様の承諾を得て、氏名を含めて公開させていただきました。

次ページ:運営者情報LinkIcon




MCI朝会180.jpg
本社・綱島工場での朝会風景

トップページ

第1部:未来つくりの日々
1958年(昭和33年)
1959年(昭和34年)
1960年(昭和35年)
1961年(昭和36年)
1962年(昭和37年)
1963年(昭和38年)
1964年(昭和39年)
1965年(昭和40年)
1966年(昭和41年)
1967年(昭和42年)
1968年(昭和43年)
1969年(昭和44年)
1970年(昭和45年)
1971年(昭和46年)
1972年(昭和47年)
1973年(昭和48年)
1974年(昭和49年)
1975年(昭和50年)

第2部:業界のリーダに
1976年(昭和51年)
1977年(昭和52年)
1978年(昭和53年)
1979年(昭和54年)
1980年(昭和55年)
1981年(昭和56年)
1982年(昭和57年)
1983年(昭和58年)
1984年(昭和59年)
1985年(昭和60年)
1986年(昭和61年)
1987年(昭和62年)
1988年(昭和63年)

第3部:モバイル日本一へ
1989年(平成1年)
1990年(平成2年)
1991年(平成3年)
1992年(平成4年)
1993年(平成5年)
1994年(平成6年)
1995年(平成7年)
1996年(平成8年)
1997年(平成9年)
1998年(平成10年)
1999年(平成11年)
2000年(平成12年)
2001年(平成13年)
2002年(平成14年)
2003年(平成15年)

松下通信業績推移
従業員数・資本金推移
松下電器綱領・信条・7精神
松下電器社歌・旧社歌
松下通信OBの皆様へ
社史・事業部史編集者
綱島地区の跡地利用
お客様の声
運営者情報