馬車道賛歌 of 有力専門店大集合の横浜ネット倉庫!

バーチャルアウトレットモールを目指す「横浜ネット倉庫」にぞくぞく超有力専門店が集合、幅広いカテゴリーはまるで巨大な福袋。

netsouko-a.jpg

トップページナビA.gif食品館ナビ.gif家電館ナビ.gifファッション館ナビ.gif家具インテリア館ナビ.gif美容コスメ館ナビ.gif運営者情報ナビ2.gif

驚きと魅力満載!見るだけでも時を忘れる不思議の世界、横浜ネット倉庫!

LinkIcon運営者情報:前ページ

馬車道賛歌      記:原田修二


横浜関内地区の桜木町寄りに位置する横浜馬車道は、

横浜開港時、開港場から吉田橋関門に至る道路に
当時珍しい馬車が利用されたことから名づけられました。

いわば日本の夜明けを見つめてきた道路で、
今なお開港当時の近代洋風建築のいくつかが残り、
開港当時の面影を感じさせる努力が払われています。

私には、若い頃は仲間やお客様との憩いの場所でしたが、
10年前に、一念発起でこの地で事業を始めてからは、
私自身の生き様の多くが関わる場所に変貌しました。

振り返ればこの地での操業が、最高の選択でした。
馬車道は、人を呼び、時を呼び、夢を呼ぶ場所でした。
この地に何とか感謝をしなければ、そんな思いでいっぱいです。

まず馬車道を讃える<馬車道讃歌>を綴り、
次からは短編<馬車道の不思議少年・翔>と続けます。

今日から現地では「馬車道まつり」10/31~11/3が始まります。
記念イベントの初日にこのブログをスタート出来、うれしい限りです。

2014年10月31日 





 <馬車道讃歌>


吉田橋から手をつなぎ
言葉わずかにレンガ道
馬車道駅へいたる道
夜明けを見つめた自負もなく
横浜馬車道 恋の道
思いはいつも風の中


母子の像に隠れてる
アイスの精は愛の精
今日も思いを降りそそぐ
夜明けを見つめた自負もなく
横浜馬車道 愛の道
はばたく時の来る日まで


写真の開祖の碑の前で
荒波承知で行く決意
いつかは自分も蓮杖に
夜明けを見つめた自負もなく
横浜馬車道 夢の道
夢追い人の集う街



ブログ:横浜馬車道物語「夢追い新話」より2014年10月31日~11月3日

LinkIcon運営者情報:前ページ