IT・ネット関連有望株式1 of 有力専門店大集合の横浜ネット倉庫! 株式投資の最適な方法は、当然ながら、有望株式を安い時に買い、高い時に売る、これが一番!

バーチャルアウトレットモールを目指す「横浜ネット倉庫」にぞくぞく超有力専門店が集合、幅広いカテゴリーはまるで巨大な福袋。

netsouko-a.jpg

トップページナビA.gif運営者情報ナビ2.gif

IT・ネット関連有望株式 株式投資の最適な方法は、当然ながら、有望株式を安い時に買い、高い時に売る、これが一番! 特にIT・ネット関連有望株式は、投資家注目の的、どこを選ぶか、いくらで買うか、そのための判断材料を端的に要領よくまとめました。

LIFULL(2120) 不動産情報検索サイト「ホームズ」を運営
設立:1997.3  上場:2006.10
業績:2019.9予測 売上445億 営業利益53億 純利益36.8億
株価:2018年推移 700円~1100円
業容:1997年にリクルート社員だった井上高志、武藤英明によって設立。横浜市にて不動産物件情報を無料閲覧できるサービス業務を開始、住宅・不動産情報ポータルサイト「HOME'S」を中心に事業を展開。2014年にはインテリアECサイト『HOME'S Style Market』のサービスを開始。2017年の社名変更を機に、グループ子会社名やサービスブランドを「LIFULL」に統合、「あらゆるLIFEを、FULLに。」というコーポレートメッセージを掲げた。不動産掲載物件数で首位。不動産賃貸契約は、重要事項説明も含めネットで完結可能。

ミクシィ(2121) 国産SNS「ミクシィ」運営、スマホゲームが収益の柱
設立:2000.10  上場:2006.9
業績:2019.3予測 売上1900億 営業利益720億 純利益485億
株価:2018年推移 3650円~5000円
業容:2004年にミクシィサービス開始。同時期に開始したGREEと並び、日本では最も早い時期からサービスを展開しているSNSの1つ。サービス名の由来は、mix(交流する)とi(人)を組み合わせた造語。ユーザー数は、約2,000万人。2013年にスマホゲーム「モンスターストライク」投入し収益の柱に成長。ミクシィグループは、「新しい文化を創る」ことをミッションに掲げている。

インタースペース(2122) アフィリエイト広告「アクセストレード」を運営
設立:1999.11  上場:2006.9
業績:2019.9予測 売上320億 営業利益13億 純利益7.9億
株価:2018年推移 1400円~2300円
業容:1999年に河端伸一郎が、京都きもの友禅の創業者である父から1,000万円の出資を受け新宿において設立。アフィリエイト事業とメディア・コンテンツ事業を手掛ける。成果報酬型ネット広告「アクセストレード」が事業の大黒柱。東南アジアを中心に、海外にも積極的に事業展開。

メンバーズ(2130) 企業Webサイトやソーシャルメディアの制作・運用
設立:1995.6  上場2006.11:
業績:2019.3予測 売上88億 営業利益8.2億 純利益5.6億
株価:2018年推移 740円~1400円
業容:ジャフコを経て光通信に在籍していた剣持忠が1995年6月に独立し設立。オンライン広告やウェブサイト構築・運用など、インターネットによるマーケティング支援を行う。現在は、企業のWebサイトを専任チームで総合的に運用するEMC(エンゲージメント・マーケティング・センター)サービスが主力。

アイティメディア(2148) IT系ニュースサイト運営、ソフトバンググループ傘下
設立:1999.12  上場:2007.4
業績:2019.3予測 売上51億 営業利益8.6億 純利益5.8億
株価:2018年推移 610円~890円
業容:ソフトバンク出版事業部の一部門が1999年にIT系ニュースサイト運営会社として分社設立、2004年にソフトバンク・アイティメディアに社名変更。その後、IT技術者向け情報サイトを運営していたアットマーク・アイティと合併し、2005年に社名を現在のアイティメディアに変更。